Home » バイオディーゼル事業 » 「あおぞら」とは

「あおぞら」とは

category : バイオディーゼル事業 2014年10月17日 

「あおぞら」はバイオディーゼル製造装置

あおぞらシリーズは、高品質のバイオディーゼル燃料を短時間で精製することが出来る再生燃料化装置です。

aozora500-50top_aozora

用途・スペースに応じて4タイプを用意

製造量や使用目的、設置スペースに応じて50L~500Lまでの4タイプをご用意いたしました。

事業所単位で設置も可能です。
また、500Lを超える装置も別途ご相談うけたまわります。

あおぞら200 あおぞら200
あおぞら200 あおぞら200内部
あおぞら200 あおぞら50
あおぞら100 あおぞら200

 

1リットル当たりの製造コストはなんと約19円/L

革命的製造方法驚異の短時間精製 従来のアルカリ触媒法では、有害な洗浄排水が発生してしまいます。
排水処理施設を持たない場合、その処理に困ってしまいます。

しかし、この無排水アルカリ触媒法で製造した場合、有害な洗浄排水が発生しません。
まさに環境に優しい燃料作りです。

さらに、精製時間も通常のアルカリ触媒法より短い『 2時間 』超短時間です。
* こんな短時間でも世界基準に合致するバイオディーゼル燃料が出来ます。

しかも1リットル当たりの製造コストはなんと19円/Lとダントツ。
* 無排水アルカリ触媒法には別途浄化装置が必要です。

  • トラックバック (0件)

   

国内唯一失敗のないバイオディーゼル製造機「あおぞらシリーズ」

のぞき窓あおぞらシリーズは、エステル交換反応を窓を通して機械内部まで直接見ることが出来る為、バイオディーゼル生成の失敗を未然に防ぐことができます。
他社では真似をすることができません。

操作も簡単で安価、コンパクト設計で安全・高品質な環境にやさしいバイオディーゼルをあなた自身で簡単に製造出来ます。
品質の悪い粗悪バイオディーゼルを使用するとエンジンを傷つけ、車は使用不能となります。

その原因として考えられるのが、

  1. グリセリンが混入した、または分離されていない燃料を使用(エステル交換がきちんとできていない)
  2. 石鹸成分が混入した、または分離されていない燃料を使用
  3. 水分の脱水が不充分な燃料を使用した
  4. 能力の悪い機械を使用し

これらのことが考えられます。

バイオディーゼル製造機の選定についてはよく吟味して決定する必要があります。
安心できる弊社のあおぞらシリーズをお勧めします。

ページトップへ戻る

コメントフォーム

有限会社エバグリーン公式サイト

Copyright(c) 2014 有限会社エバグリーン公式サイト All Rights Reserved.