Home » スパ・岩盤浴事業 » ガスタイナー・ハイルシュトレン

ガスタイナー・ハイルシュトレン

category : スパ・岩盤浴事業 2015年1月9日 
 


ガスタイナー・ハイルシュトレン


ガスタイナー・ハイルシュトレンはオーストリアの世界的な保養地ガスタイナー渓谷にあるラドン治療センターです。

ガスタイナー・ハイルシュトレン治療法は学術的に実証されており、ドイツとオーストリアの社会保険で認められている正規の治療法です。

ラドン治療センター、ガスタイナー・ハイルショトレンは身体の自己治癒力の活性化を目的とし、痛みの緩和、運動、ライフスタイルの改善、自己管理能力の向上、医学的ア効果効能が治療法の柱となっています。

その中心となるのが、穏やかな温熱治療(加熱治療)とラドン治療を組み合わせたハイルシュトレン治療法です。

その効果はプログラムに基づいて治療を受けた場合、鎮痛効果で9ヶ月まで、薬の削除効果は1年まで持続されることが実証されています。
ハイルシュトレン治療法を定期的に受けることで、鎮痛剤の摂取量を長期的に削減することができ、より健康的な生活を送ることができるようになります。

(治療前にドクターによるメディカルチェックを受けます)

ガスタイナー・ハイルシュトレン治療法のメカニズム
ガスタイナー・ハイルシュトレン治療法は身体の細胞の修復メカニズムを活性化し、細胞の新陳代謝を促進します。
肺と皮膚から取り込まれた希ガスのラドンは、素早く身体全体に運ばれ、低線量のアルファ線が放射されます。これがアポトーシス(細胞死)の過程で、治癒を促し炎症を鎮静する成分であるTGFゲータ(TNFアルファを抑制)を活性化します。これにより免疫系が強化され、自己治癒力が高まります。

ラドン、温熱、高い湿度。この3つの要因が世界で唯一の治療環境を作り出しています。運動器官系や、皮膚疾患、呼吸器系の疾患に対して持続的な効能があります。さらに、免疫系の強化も促します。継続的な鎮痛効果と薬の削減は学術的に実証されています。

9割の患者がラドン治療法で回復しています。身体が本来持っている治癒力と炎症の鎮静を即す成分が活性化されます。ベヒテレフ病などの運動器官系の疾患では持続的な鎮静効果(9ヶ月)と苦するの削減(1年)が実証されています。また、呼吸器系や皮膚疾患でも免疫系の強化に効果があり、健康増進と生活の質の向上につながります。

 
● ハイルシュトレン坑道治療

施設にてドクターによるメディカルチャックを受けた後、小さな電車に乗って、坑道へ入っていきます。坑道の奥にはベッドが備えられ、自然の岩盤浴(ハイツシュトレンストーン)による放射線を浴びます。
プログラム中、同伴のドクターにより脈や症状のチェックが絶えず行われ、より効果的な正しい治療が行われています。

 



 

ページトップへ戻る

comment closed

有限会社エバグリーン公式サイト

Copyright(c) 2015 有限会社エバグリーン公式サイト All Rights Reserved.